野鼠新聞-NNS-

バトン(テンションが上がること)

ねじまき鳥よ俺の幸運を願えのビッキー・ホリディさんからです、月一くらいで回ってくる…らしい?
ということでお題は「テンションが上がること」です…
関係ないですが、ビッキー・ホリディさんの記事の彼女の下りでテンションが下がるっていうか吐血しそうになった
まだだ、まだ若いセーフなはずだ…時間はある…と勝手に自分を慰めてます

本題に戻ってテンションが上がることかあ、うーん簡単なようで難しい
テンションが上がることでも書いて、皆さんのテンションを上げて差し上げたいんですが多分俺のテンション上がることと皆さんがテンション上がることは合致しないんですよね
どうにもならん

どうにもならんので、俺がテンション上がったことをひたすら書きます
(前回も箇条書きしてた気が…)

1.珍しいものを見た時
駅に行くと当たり前だけど電車が滑り込んでくるじゃん、でねその路線だったりに一編成しかない形式の車両とかがあるわけよ
でね、それを見ると凄いテンション上がるのね
名古屋旅行に行ったときです、東山線っていう地下鉄があって
その路線から4日後くらいに引退する車両に乗ったんですよ、最初で最後の乗車で狙ってもなかったんだけど不思議な気分になったね
なんていうか普通に通勤客を乗せて走ってるんだけど1ヶ月もしたら鉄屑になってるんだろうなあと
ノスタルジーというか一人感傷に浸ってしまいました

2.写真が上手く撮れたり、上手く文章がまとまった時
このサイトで上手く書けた文ってどれだ!?
うーん、うーん
上手く撮れた写真もなかなか無いよね、テンション上げるって難しい
等々力渓谷行った時に撮った写真は結構満足な出来だったけど
それくらいだなあ

3.綺麗な景色を見た時
これだなあ、テンションが上がるっていうか
もうこのまま消えたいなあと思います
多摩モノレールから見た夕焼けと富士山が今までで見た一番記憶に残ってる絶景だなあ、なんていうか日常の中の絶景って好きなんですよ
みんなスマホやってて気付いてない絶景を独占できるのです
素晴らしいですよ、観光地の当たり前な絶景よりも特別に感じますからね

4.怒ったときや苛ついた時
テンションは良い事ばかりで上がるわけじゃない
勿論、負のテンションもあります
これによって何かを失うことってあります、良いことでテンションが上がるときは何かを得ますが
負のテンションは失います
負のテンションが上がりそうなときは抑制することです
これはストレスを溜めるわけじゃない、一時の激情で何かを失わないためです

最後はちょっと趣向を変えてみましたが説教臭いですね
次はオナ禁始めました。のさとーさんに「瓶に入った飲み物」でお願いします

(16/11/30)

Vテキに戻る

最上部へ
© 2016 The NoNezumi Shimbun