野鼠新聞-NNS-

小探訪記(熊谷赤線跡とその名残)

16年12月07日に熊谷愛犬家殺人事件の廃墟を訪れた時についでに気になっていた熊谷の赤線跡を訪れました
面倒で忘れたふりをしてましたが年内の事は今のうちにかたずけますってことで今日重い腰を上げました(結構カテゴリ作ったりでダルいんです…)
赤線跡っていうのは要は元風俗街的な場所だったと思ってもらえればいいかと思います、ぶっちゃけ自分もよく知らないです
せっかくだから訪れてみたってだけです
まあ、画像と一緒にお楽しみください
あ、アレだからチョメチョメな体験談とかは全く無いから

この写真を見て、何か変だとは思いませんか?
道が異様に広いのです
ようは此処が大通りになってて、全盛期は家が立ち並んでる辺りに料亭(意味深)が立ち並んでいて自由恋愛(意味深)を楽しんでいたようです
見ての通り現在ではただの住宅地で有名な建物も解体済みなので正直面白くもなんともないです
道が広くて、車が全然来ないので開放感はあった…かな?


現在では地名も変わってしまっているので完全に終わった場所というか、本当に跡地な感じですね
新しい地名は書きませんが、古い地名が踏切に残っていたのでそれを貼っておきましょう
文化町に乙女町なんて意味深というか皮肉げというか
(写真が完全な日の丸構図やんけとか言わないで…踏切は結構人通りがあるから、これくらいしか撮れなかったのです…)

なんていうか、まあうん吉原とかの方が面白いんじゃない?都内でアクセスいいし


オマケ

熊谷は現在も風俗が結構ある場所です、熊谷駅から線路沿いに歩くとピンクな建物やら紹介所が
因みに写真に写ってる以外に2軒ほど紹介所を見つけました、それっぽい店舗に関しても結構見つけて、LGBTの方がターゲットなのもありそうでした
一時期は警察24時の常連だったそうでこれでも減った方というのが驚きです
埼玉北部の中心都市といった感じだし需要高いのかな?

更にオマケ

あっ…なんか寂れてるけど想像が膨らむような膨らまないような
近くに国◯労働組合の支部だかもありまして、なんていうか熊谷って凄い


ネタ切れです、とりあえず熊谷関連は一旦終了
かなり写真主体になったけど、仕方ない…
メインコンテンツだと思ってる日記はテキスト100%だからセーフセーフ…
次はカメラのこと書こうかな

機材 LeicaM4-P&Canon 50mm F1.8 フィルムLomo(ISO400)
(16/12/19)

小探訪記に戻る

最上部へ
© 2016 The NoNezumi Shimbun