野鼠新聞-NNS-

雑記(加藤武子嬢のカメラについて)

(加藤武子 カメラ)でアクセスしてくださる方が意外と多いので、この記事を書きます
おケイさんのカメラは結構記述される事が多いのですが加藤武子嬢のカメラはあまり注目されてないようでネットにも情報が少ないですね
加藤武子嬢について詳しくないので曖昧な情報となってしまいますが、皆様のお役に立てれば幸いです
加藤武子嬢についての略歴や劇中でのカメラについての記述をお教え頂ければ、更に詳しく解明できると思いますので教えて頂ける方がいたら、メニューバーの拍手釦からメッセージをお願い致しますm(_ _)m

候補となる機種

まず、コンタックスというカメラは1937年以前にCONTAX1、2、3型が発売されています
(1937年としたのは扶桑海事変の時におケイさんにカメラを勧めたのではないかと推測したためです、扶桑海事変を読んでないので詳しく教えて頂ける方が居ましたら教えて下さい)

それでは絞っていきます
3型はまず除外することに致します、理由として
・1936年発売ということで時系列的に考えにくいということ
・加藤武子嬢のモデルとなった加藤建夫さんが使用していた型と確実に違うこと
(余談ですが、加藤建夫さんはcontax以外にも愛用していたカメラがあります)
これらを考えると、わざわざこの型がモデルになるとは考えられないです

1型、こちらもモデルとなった加藤建夫さんが使用していたカメラでは無いので可能性は低いと思います
勿論加藤武子嬢と加藤建夫さんは別の人物なのですから可能性はありますが、こちらも違うのではないかと思います

有力候補となるのが2型です
加藤建夫さんの使用していたカメラはこの2型です(細かい分類は分かりませんが)
見た目と発売時期を考えるとこれが一番可能性としては高いです
勿論、断言はできませんがこのカメラが加藤武子嬢の使ったカメラと思っていいと思います

contax2型について

このCONTAX2型(contax 2a)はフィルムカメラとしての実用性も申し分もないモデルなので、加藤武子嬢のカメラを使ってみたい方に問題なくお使い頂けると思います(勿論ジャンクなどでは保証できません)
お値段としてはレンズとカメラ合わせて5〜7万程度あれば入手できるかと思います(状態によって変動しますが)
ただ、オークションやフリマサイトで買われるのは絶対にやめてください、ディスプレイ用に買いたいというなら止めませんが
カメラは撮ってナンボなのですから、是非撮影に使える個体を専門店から買っていただくことをお勧めします

他にも見た目だけ似た機種や、ソ連製のコピーで良ければもっと安く手に入ることもあるでしょう
勿論、厳密にはcontaxではありませんが

購入前・購入した後の注意点

・使い方は買ったお店の人にしっかり聞きましょう、教えてくれないような店では買うべきじゃないと思います
・できれば、フィルムは入れっぱなしにしないでください(入れた日に撮り切れる方がカメラにもフィルムにもいいです)
・5年〜10年置きにオーバーホールをしましょう、全部機械仕掛けですからね
・できれば、フィルムを入れなくていいのでシャッターを1日1回は切ってあげてください、動かしてあげるのが一番のメンテナンスです(いっつも家で寝てる人が急に運動できるわけ無いですよね?それと一緒です)

最後に

買う前に知りたいことや買った後のことで知りたいことがあればメッセージを送ってください
皆さんがCONTAXで良い写真を撮ってくだされば、幸いです

それでは長々と失礼しました

(17/01/01)

雑記帳に戻る

最上部へ
© 2016 The NoNezumi Shimbun