野鼠新聞-NNS-

日誌欄(2017年05月)

17/05/31

散歩中は意外と脚の疲れを感じないのが不思議です、やはり自分にとって夕と夜の混ざった時間は重要なのです
白い月と金の月、青い空と橙の空が反転するあの時間が

-折込の裏-
引っ越しの疲れが体力不足の身体にのしかかります、日記も少しずつ箇条書きで溜めてますが中々投稿するのが出来ないのです…

17/05/30

温水洗浄便座を取り付けようと思いましたが工具が小さくて無理でした、机もドライバーのサイズが合わなくて断念
ベッドが取り敢えず完成しただけ御の字です
ダンボールと発泡スチロールと机の残骸で足の踏み場がない

という事情で今日から引っ越すと言いつつも延期しました…

久しぶりに秋葉原に行きましたがソフマップが営業終了するみたいですね、パーフェクトワランティーくらいしか知らないのに少し寂しいものです
今更ビックカメラにしても仕方ない気がするのですが

17/05/29

今日散歩をしていたら、近くの河川敷に猫が居ました
どうやって登るんだろうと思いましたが多分大丈夫でしょう、私は無関心な現代人ですから

久しぶりに妹と少し話ましたがなんというか彼女も大変だなあと思いつつ、正直原因が原因なので難しいなあと思いました
精神論を吹っかけても仕方ないので助言風に無意味な回答しか出来ませんが

-折込の裏-
サイトに少し手を入れたいのですが取り敢えず先送りです、丸ノ内線のようなサインカーブを入れたいのでcssを勉強しなければ

17/05/28

夕方まで寝てました、そろそろ散歩をするのも残り数回だと思うと少し寂しいです
別にすぐに帰ってこれるけどやっぱりね

17/05/27

引っ越しの準備をしてました、友達が手伝ってくれてかなり助かった…
正直宅急便を使わないで自力で家から運搬したのは失敗だった気がしてます、まあ利点もあったわけで物事そういうものですね

でもやはり面倒なことにかわりない

17/05/26

三井不動産のCMが気持ち悪い、あんな壊滅的なセンスのCMはなかなかない
最早気持ち悪さで記憶に取り敢えず定着させるのが目的で作ったとしか思えない、それだったら正解だと思う
もし、本気でセンスが良いと思って作ったのだったら作ったやつは転職するべきだ

人には向き不向きがある訳で恥じる必要はない…といっても恥じるのが人間ですが、いや恥じないと駄目だから仕方なく恥じてるのかもしれない

高二病的な浅はかなオチ

17/05/25

虫を見ていると消えることってありますよね、あれって目の焦点が虫に合わないから消えたように見えると思っているのですが(違ったらスミマセン)
高速で焦点の合わないように虫を動かせたら透明人間ならぬ透明虫が出来そうだなと思いました
しょうもないですが居たら面白いなあと
機械の目だけが見える機械で出来た虫…みたいな

なくなった方が物にしても、者にしても有り難みがありますよね
俗に言うメンヘラな人が自殺する原因ってこれが理由なんでしょうね
要は気づいて欲しいと、何が何でも

モラトリアムが終わったらと思うと自分は耐えられなくって死にそうな気がします、それはそれで自然淘汰というか
公差から外れただけなわけだし仕方ないと思います、案外なくなってからの方が面白いかもしれません
あくまで死んでも、生きてもいないのです

カールが中部以東で発売終了となるらしいですが、よくよく考えればどうせ通販で入手できる訳でそこまで重大な問題でもないですね

他者を馬鹿にすると結局議論って出来ませんよね、当たり前の事ですがそんな事が多いので気をつけなければ

17/05/24

粋と乙だなと思ったことを粋がって書こうと思ったのですが思い出せなくなってるので書けません、記憶不足ってことなんでしょうけど気持ち悪い

自分のHNがえらい叩かれた夢を見ました、別に構わないんですが何を叩かれたのかが思い出せなくて気持ち悪い

家に出た小さい蜘蛛を誤って潰してしまう夢を見てんですが、蜘蛛がのたうち回った後に他の虫を食べ復活していました
訳が分からなくて気持ち悪い

17/05/23

掃除のため新居に一日居ましたが、朝から昼にかけてとても気分が悪かったです
冷蔵庫が到着したら落ち着いたので生活感の無さが原因だったのかもしれません
我ながら臆病で嫌になります

17/05/22

夕方まで寝てました、書きたいこともないので此処で打ち切ります

17/05/21

この人はどんな死に方するんだろうという想像がつかない人と、この人の死に方はこんな感じだろうと想像がつく人がいます
死相が見えたりとか死から神託を得たとかそんな素敵な話ではなくて、何かの意識を基準に無意識に境界を引いているだけです
でも、その何かが分からなかった

今日思いついたことにこの意識というのは死が来る先を受け入れている人と、受け入れられない人という意識なのではないかと思いつきました
その判定を無意識に下せた時がやっと相手を少々知れた時だとも同時に思いました
境界が引けないのがもどかしかった訳は、相手を知りたいのに知れないのだからで癇癪を起こすのは当たり前だったのだなと合点が行きました

でも、この判定の正しさって相手を自分が殺さないと分かりませんね
勿論そんな事しませんけど、方法と実行には理性の制御器がありますから

結局本当の答えには辿り着かないのが人間ですね

17/05/20

物件を契約してきました、これから1週間くらい準備して来週の土曜日くらいには引っ越したいです
前入居者の督促状(自治体からと回収業者から)が入ってるという幸先悪いスタートを切りましたが、なんというか自分ですから…ええ

17/05/19

とある人の言葉に「小学生の頃、高校生になれば何のバイトでも出来ると思ってた」というものがあって、とても共感できます

私は小学生の頃京浜急行が好きで、高校生になったら駅の売店か何かでバイトしたいなあと漠然と考えていました
家から学校に通って、学校終わりにバイトなんて終電が無くなってしまうから到底無理なんですが当時は出来ると思っていました
距離感が今と違うというか、なんででしょうね?
実際にとある高専を目指した事もありましたが、その前に押し潰れてしまいましたから受験すらしていません
今思えばそれで良かったのかもしれませんが

こうして夢の跡を追っていると、自分は夢の廃墟のようだと思います
パンくずを残しても家に帰れないのは童話も現し世も変わりませんね
残したものはもっと、パンくずより大事なものですが

17/05/18

幻界は記憶の整理だなんて、夢の無い話は夢が無いからでしょうね
夢は記憶の先であってほしい、記憶の先で逢いたいものでしょう
それが、悪夢であろうとも

お人形遊びって都合がいいと思ってましたが、難しいですね
それだけです

17/05/17

WiMAXを契約しました、華為技術のW04という物でこれがとても良いデザインです
キャンディーバー型の外観や平凡な色使いが昔見た未来を思い出させてくれます、それを意識している訳では無いのでしょうけどとても嬉しいです

昔見た未来は空想の枝先に残っているのか、その枝からも落ちてしまったのか
枝は無数の葉で見えませんね
黒船に夢を見て追いかけられた時代も終わって、その後起きた事は違いました
時代を捻じ曲げるのは難しいですから、だから捻じ曲がっても戻らない

こういう雨の日は外でくるくる回るか、ついつい変な事を考えてしまいます
それが影法師へ思いを馳せた理由でしょうから空は凄いですね
嫉妬というより、憧れてしまいます

17/05/16

自分は人と話すと自分でいられなくなってしまいます、自分が自分でいられるのは自分と話す時だけです
いや、自分と話してても自分でいられない時が殆どですね

自分で居られなくなってまで人と話す理由を考えると人恋しいからで、それは自分が未熟だから
未熟さを忘れられて、不幸な永久迷路から完全に抜けた先には原風景が待っていることでしょう
原風景にタイルで着飾った競争建築は必要ありませんからね、ただ必要なのは忘れた事を取り戻すだけです
怖いですね忘れたふりというのは…

17/05/15

何かLineでメッセージが送られてくる夢を見て、起きてから携帯を確認したら勿論送られてきて無くて変な気分になりました
こんなことを書いてると尚更ネタ切れの酷さが目につきます、だから2、3日まとめて更新してるわけですが
日記は難しい…
バトンは執筆中です、出典はありません

17/05/14

今日は昼まで寝てました、引っ越しに向けて回線をどうしようか迷っています
今の所WiMAXにするのが良いかなと思ってます
というのも、WiMAXにして携帯のプランを調整すれば今と月の代金が変わらないんですよね
固定回線だと上手く行かないのでお金があれば固定回線にしたいけど…というのが真相です
金策は難しい…

17/05/13

本日は家族の誕生日だったので焼肉の食べ放題に行きました

それと、審査に通ったようなので来週には引っ越しとなります
実感が湧いてないですが一年経ってやっと遷都ということになります

別になります、なります言ってるけど成増に住むわけではありません
しょうもないなぁ

17/05/12

書くことがありません、何やってたんだろう俺
怠惰に尽きます

17/05/11

今日は貧血が酷かったです、正確に言うと脳貧血と言うみたいですが
昔に運動した後貧血になってからそのまま続いてるので、一回なるとなりやすくなるような気がします
取り敢えず肝を食べましたが、脳貧血に効果あるんだろうか
下処理が面倒だし、焼き加減も難しいので当分食べたくないです

なんか、つくづく男性と女性の悪い所を凝縮したような人間だなあと思います

17/05/10

有楽町線(新線)の清瀬行きってずっと埼玉のどっかに行くものだと思ってました、やっぱり電車に乗ってるだけだと境界感が薄いです

完全に偏見ですが、町田市の人に神奈川県町田市って言っても笑って許してくれそうな気がするけど清瀬市の人に埼玉県清瀬市って言ったらぶっ◯されそうですよね
やっぱ埼玉って駄目ですね、俺埼玉県民だし埼玉好きだけど

ここからは清瀬市に全く関係ないですが、清瀬市の辺りを見てると東京と埼玉の境界ってやたらと複雑な事に気づきます
西武池袋線の東久留米(東京都)から所沢(埼玉県)乗車時間約8分の間に
東京→埼玉→東京→埼玉→東京→埼玉→東京→埼玉→東京→埼玉
という感じで出たり入ったりします
例の町田市の辺りを見ても、ここまで出たり入ったりする路線は無かったのでもしかして日本最多なのではないかと勝手に思っています
凄いどうでもいいですね、というかローカルすぎです

西武線を使う機会があったら思い出してもらえると嬉しいです(多分)

17/05/09

今日内覧した所が良さそうだったので審査通れば引っ越しです、慣れ親しんだ埼玉ともお別れですが別に電車で30分もあれば埼玉には入れるので特に感慨深さは湧きません
どちらかと言えば、感慨深さより不安感の方が大きいです
自分が出来た人間じゃないことくらい自分が一番知っているので

17/05/08

今日のような日だと、照明がなくても月見が出来ますね
手元と空気は見えても顔は見えないのが月明かりの良い所だと思います

他にこれは散歩している時の意見ですが、月明かりは不気味さを少しだけ際立たせるように思います
近くにある廃屋は窓の輪郭が照らされて人気の無い部屋を無理矢理見せようとしてくるし、雑木林が先にある十字路は洞窟を覗いてるように暗くなります

まあでも、子供の頃から思っている事なので月がなくても一生怖いような気がしますがね

17/05/07

暑いです、今年の夏を乗り越えられる気がしません
夏野菜なのになんでですかね、毛深いからですかね
夕飯を食べる気がしなかったのでさっさと寝ました

17/05/06

物件を見てきましたが決まりませんでした、多少特殊事情があるので仕方ないんですが
総当り攻撃でいきますが面倒です
後は友人の伝に期待ですが、彼も忙しいのであんまり頼れないなあと思ってます
あるき回ったし、行きも帰りも立ちっぱなしだったので疲れました

17/05/05

内覧に行こうと思ったら今日まで休みのところが結構多くて断念しました、仕方ないですね
これ以外に書くこともないので此処で終わります、本日もお疲れ様でした

なんか、隔日更新って感じになってますね

17/05/04

サイトの差し色を変更しました
NNSの部分に洋紅色、リンクに藍色、京紫、ルビーを引きました
洋紅色は変わっていく色、藍色と京紫は昔の古い色、ルビーは当て嵌まらない今の色というところでしょうか
ルビーは一等地じゃないところが一等地なのです、こじつけですが

色は意味が付けやすいし、格好が付けやすいし、試行錯誤してても楽しいので良いですね

17/05/03

さわやかというファミレスと御殿場のアウトレットに行ってきました、ミーハーな話ですが例によって付き添いみたいなものです

ハンバーグを食べるのに2時間半も待った訳ですので感想を
レアのような状態で食べられるのは凄いと思いますし美味しかったのですが、2時間半も待って食べるものではなかったです
話題が話題を呼んでこんなになってるんでしょうけど、過大評価だと思います
近所にあって、並ばないで食べられれば良いとかそういうレベルです

アウトレットはついでで感想を
場外駐車場を作って、バスで送迎するくらい混んでましたが
佐野、軽井沢などと大して変わらないレベルでこれも過大評価だと思います

観光地に近い事やドライブに丁度良い距離だからだとは思いますが、微妙としか言いようがないです
次に静岡に行く時は夏の焼津にでも行きたいですね、私は

17/05/02

昭和館に行ってきました、昨日行きたかったのですが休館だったので
目についた展示というと
戦前の食事が多少質素だが今とそこまでは変わらないとか
防空壕体験がチープなのに割りと怖かったとか
玉音放送は力が抜けるというか淡々と刻まれてくような感じが何とも言えなかったとか
そういったことです

閉館ギリギリに行ったのであまり詳しく見れなかった(特に戦後の辺り)のが残念ですが、空いていたのは良かったです
また行けばいいかなと思います、九段会館も見に行きたいしね

17/05/01

今日から特急四季島が運行するようです、報道を見てるとあのホームで駅弁を食べた事を思い出しました

少し遠くから来た列車を眺めて、少し昔の郷愁を聴きながら、少し忙しない世間を眺めて、来ない夜と高速列車の先の弁当には未だ落ち着きがありました
こういった事を感じられるホームだから悠久の列車を受け入れる事になったのかもしれませんね
上ると言おうか下ると言うか、私には解りません

先とあとの話は終わりにして今日のことでも

今日も今日とて地下鉄に揺られていましたが、左右に若い学生が座りました
左の男子はタブレットを右の女子は携帯電話を取り出していましたが、なんとなく携帯電話の方に好感を持てます
これは自分が下り寄りだからでしょうから、あまり良い話ではありません
こういった者が将来に対して話が違った、話を違えたいと言い出すからです
ああ、気をつけなければ

日誌欄へ戻る

最上部へ
© 2016 The NoNezumi Shimbun